のんびりにっき

家計と育児のメモ書きです。

ABCの体験レッスンを受けてきた

春になると新しいことを始めたくなりますよね。なんだかうきうきしてしまって、私は花を育てたくなります(Instagramを見ている方はご存知かと思いますが、植える度に枯らしています…)

そんな春にぴったりのお料理スタジオのブレッドコース体験記です。

プロにパンを習ってみよう

息子が産まれてから、パンを焼くのにハマっていて月に数回のペースで焼いておりました。製粉メーカーの公式サイトなどを参考に作るのですが、テキストと写真だけでは発酵具合などが分からないんですよね。生地が○倍になったら…や指を挿して穴の具合で…と言われても初心者にはさっぱりです。

とりあえずレシピ通りの時間で作り、形にはなるのですが

f:id:pnnwatase:20180327213802j:plain

表面が固いんですよ…あれ?私フランスパン焼いたかな?ってくらい。息子にはボールのように投げられてしまいました。半分に割ると中はそれなりに柔らかいので、白い部分をちぎって与えていました。食べ方がまるでパッションフルーツとかマンゴスチンみたいな感じですね。パンなのに。

パン教室を探そう

これは悲しいし悔しいし…と取り敢えず体験教室を探してみました。すると近所のショッピングモール内にあるABCクッキングスタジオワンコインレッスンをしているという情報が。ワンコインなら手軽で良いかも…とWEBで予約をしました。電話が苦手だからWEB予約をするのに、何故か予約後に電話が掛かってくる場合がありますよね。今回はそれが無くて好印象でした。

準備するものは3つ

  • エプロン
  • スリッパ
  • 布巾(手を拭くため)

ちなみに忘れてもエプロンは簡易なものが買えますし、スリッパは貸出がありますがしっかりと準備していきましょう。料理教室と聞くと可愛いエプロンでキラキラ~な印象ですが、実際は年季の入った物を着ている方も居て、このために新しいものを買わなきゃ!という雰囲気ではありませんでした。

でも形から入る方は可愛いエプロンを買っても良いですね。気分が上がりますし!私はというと、トラサルディのエプロンを主人に止められしぶしぶ普段のエプロンを持参しました。

体験の内容と雰囲気は

スタジオは明るくて、THEクッキングスタジオ!って感じでした。お料理を作っていたりケーキを作っていたり…ちょっとわくわくしてしまいます。

簡単な受講の説明後、軽量済みの材料を混ぜてパンをこねこね…。この際に捏ね方を教えて頂いたのですが、これのおかげで劇的にパンが上達しました。詳細は後々。先生は穏やかで話を引き出すのが上手な方だったので、終始和やかなムード。

焼き上がったパンは甘くてふわふわ。その場で写真を撮ったりも出来るのでSNSに上げたりするのも良いですね。ちょっと自慢できそうなくらい可愛い仕上がりで大満足でした。

パンは作業中に発酵やベンチタイム(タネを休ませる時間)などお休みタイムが多いので、その最中にスタジオ内を案内してくれたりします。お料理教室なのでやはり勧誘は強めです。その場で即決する気が無い場合はお友達と体験することをおすすめします。

 

私は雰囲気が良ければ受講する気だったので、6回のコースに入会しました。

体験コースで得るものはあるか

3時間程度の体験で、パンの捏ね方や道具の使い方そして発酵の具合を教えてもらった私。たった一回のレッスンで何か得たものはあるかというと

f:id:pnnwatase:20180327220508j:plain

本当にありがとうございました!!!

いつもの配合で作ったのに膨らみ方が全然違うんです。ボウルからはみ出していて笑ってしまいました。私は今まで発酵不良の生地を焼いていたようです。息子も食べ物と認識してくれたようで、よく食べてくれます。

手作りを美味しそうに食べてくれるとやっぱり嬉しいですね。体験レッスンだけでも満足な内容でした。

パンを焼いてみたいけれど難しそう…独学で焼いているけれど正解が分からず不安…という方は取り敢えず一度レッスンを受けてみることをお勧めします。

無心になれるパン作り、楽しいですよ。

全6回のレッスンを終えて思ったことを近々更新します。一番短い回数なのですが、それでもかなり上達しました。

 


にほんブログ村