のんびりにっき

家計と育児のメモ書きです。

ABCクッキングのブレッドコースを6回受講してみた

前回、手作りのパンを息子にボール扱いされたショックをバネにしABCへ体験レッスンを受けに行った話を書きました。

www.pnini0312.info

その後一番短い6回のレッスンを受講した私。たった6回、されど6回。かなりパンが美味しく焼けるようになりました。

 

体験レッスンと何が違うの?

ワンコインの体験レッスンと受講料を払ってのレッスン、やることは同じ製パンですが少し違う点がありますので簡単に説明します。

基本の持ち物+αで快適受講

体験レッスンでの持ち物と基本は変わりません。エプロン・スリッパ・布巾の3点です。さらに本レッスンは生地が乾燥しないように掛ける薄手の布巾をもう1枚用意します。先生から指示される物は以上ですが、受講した私は

  • クリアファイル
  • ボールペン

の2点を持っていくことをおすすめします。ファイルはA4サイズのレシピを貰うので、それを綺麗に持ち帰るため。ペンは先生からの指示をレシピに書き込むためです。レシピには載っていないコツ等は勿論ですが、水分量や卵のグラム数等を忘れがちなのでサッと書き込むとスムーズです。

計量も1から自分で

体験では予め先生が粉や水を全て計量してくれましたが、本レッスンは全て自分で計量します。その際に計量スプーンの使い方や、材料の入れる順番を丁寧に指導してくれます。これのおかげで自宅でも分量をしっかりと計ることが出来ます。

この時の道具の使い方も、1度では覚えきれないのでレシピの端にメモして自宅でも復習すると、次のレッスンがサクサク進みますよ。

大きなタッパーなどに入った砂糖や酵母を各自取り分けるのですが、コミュニケーションが苦手な方はそういうの面倒だな~と思いますよね。でも慣れます。最初は同じものを取ろうとしたりであっあっと鈍臭さ全開だった私も、終盤では人並みに動けていました。

1テーブル5人で作業

体験の時は広いテーブルをのびのび使っていましたが、本レッスンはMAX5人での作業です。作るパンによっては狭いかな…。でも周りも大人なので、お互い配慮しながら作業するのでイライラしたことは無いです。

グループでのレッスンだと、他の人と話出来ないと気まずいかな…?なんて思いますが、お互い自分のパンに必死なので会話は特に無いです。私は話すことが好きなので、発酵タイムが被った方などとパンについてお話したりしました。でも無理して会話することはないです。フラ~っと壁の掲示物を見たり、お茶を飲んだり、たまにテーブルに突っ伏して寝ている方も居ます。みんな結構自由です。

沢山の種類からパンを選べる

レッスンは数種類のパンから好きなものをチョイスできます。惣菜系からハード系まで様々です。3月までは20種類ほどあったのですが、4月から半分になってしまうそうで皆さん受講終了するメニューを選んでいた印象があります。私もその一人ですが(^_^;)

迷ったら目標を決めよう

沢山メニューがあるので本当に迷います。受講メニューを選ぶ際に、ざっくりと目標を決めるとぴったりなメニューを選べます。

私は子供が食べられるパンを作ることが目標だったので、基本の惣菜パンを3種、スタンダードな食パンと菓子パンを2種選択し、最後に作るのが夢だったシュトーレンを選びました。そのためハード系のパンは受講していません。フランスパンは買おうと思います。

自分で食べるお洒落なハードパンをマスターしたい、普段のおやつの為にパンに具材を包む方法を学びたい…など、メニューを見ながら決めてみましょう。

難易度のマークを確認しよう

パンはメニューごとに難易度の表示があります。隣の奥様が可愛い!と選んだパンが高難度だったのよ~とぐったりしていました。生地の扱いやすさや、成形の方法などで3段階で分かれているので作りたいパンが決まったら難易度順に受けましょう。

私も簡単なものから進めたのですが、難易度が一つ上がると確かに難しい…。生地の量が増えて捏ねるのに時間が掛かったり、成形の方法が複雑だったり…

でも4回目ともなると、中難易度でもいい具合でした

f:id:pnnwatase:20180329141035j:plain

写真はショコラマーブルです。2色の生地を一度に作る方法が知りたくて受講しました。これも3月で終わってしまうパンです…寂しい。

6回の受講を終えて

あっという間に6回が終わってしまいました。スタジオで捏ね、自宅でも捏ね。息子に投げられたボールは、今ではふわふわのパンに成長しました。

受講の内容で私が習いに行って良かった!と思ったのは前回も書きましたが捏ね方でした。これを変えるだけで発酵具合が劇的に変わるんです。あとは分割方法の細かい部分に気をつけるとガスが抜けにくくふっくらと仕上がったり。上手に焼けると楽しいですね。

f:id:pnnwatase:20180329142922j:plain

中に具を入れてもはみ出さずに、ちぎりパンなどを焼けるようになりました。(顔はケチャップで描いています)夫もおやつに会社へ持っていったりしてくれます。

あとはスタジオに行くと一人の時間を作れてリフレッシュ出来ました。動き回る息子や夫のことを考えず、ただひたすらパンを焼く時間を取れたのは本当に良かったです。知らない人との他愛のないお喋りなど、ママではない自分で居られる空間が堪らなく楽しかった…。

ちなみに気になるお値段は、さまざまなキャンペーンが重なっていたため3万円でお釣りが来る位でした。謎ぱんを一生焼き続ける事から脱せたと思うと高くないかな~と思います。技術は一生モノ!!

今後も楽しくパンを焼いていきたいと思います。

 


にほんブログ村