のんびりにっき

家計と育児のメモ書きです。

子供のお風呂はツーマンセルが楽だよね

首がすわっていない時は、空気を入れるタイプのベビーバスで沐浴をしていました。首がすわった頃からは大人と同じ浴槽でお風呂タイム。

夫の帰宅に合わせ、お風呂は20時台にツーマンセルで入れています。主な流れはこんな感じです。

f:id:pnnwatase:20180502231623j:plain

先に私がお風呂に入り、一通り済ませてから息子を連れてきて貰います。

お風呂に入る時間を最初に決めると「まだ出てこないの?」というイライラを解消できるので、短時間ですが気兼ねなくお風呂に入ることが出来ます。歩行者用信号機にあるメーター効果ですね。

息子を連れてきて貰うまでの時間は、育児から少しだけ離れられるのんびりタイム。心に余裕が出来る大切なひとときだと感じています。

そしてのんびりタイムは、普段お世話の機会が少ないパパのお世話頑張りタイム。数分なので途中でヘルプを出さずに頑張って頂きましょう(^o^)f:id:pnnwatase:20180502234444j:plain

そして合流し、二人で保湿・着替えをします

ツーマンセルのよいところ

  • お世話方法を共有できる
  • 二人で見るので異変に早く気が付ける
  • 保湿剤や薬の塗り忘れ防止

主にこの3つだと思います。

特にお世話方法の共有は、手伝いをしないパートナーにありがちな「やり方が分からないから出来ない」を無くせます。脇の下も塗るんだよ~などと指示しながらスキンシップ楽しむように保湿剤塗り塗り~します。

楽しそうにお世話をすると、子供もなんだか楽しそうで良いな~と思っています。

お着替えやオムツの準備はいつもお世話をしている方が用意しても良いのですが、これも場所を指示し自ら動いて貰うことで「あれどこ?見つからないんだけど」されるイライラを減らせます。

「オムツ取って」と言ったのに、どこ?と返されると(ヽ´ω`)となりますよね。オムツ替え今まで何回してんのよ…いい加減覚えてよ…と。この機会に覚えて頂きましょう。

子供との入浴が楽しくなる

 

あと、一人で入れていると湯冷めしないように!手際よくしなくちゃ!とわちゃわちゃ忙しいですよね。自身も風邪を引かないようにちゃっちゃと拭いて、保湿に着替え…。入浴大変…億劫…って思ってしまう。

でも入浴だけ担当すると、気持ちよさそうな子供の顔やプカプカ浮かぶ可愛い手やおしりに集中できるんです。なんだか温かくて幸せ~な時間に感じます。

二人きりのお風呂タイムはあっという間。パートナーに協力して貰い、是非楽しんでいただきたい…!

 

息子1歳4ヶ月パパ歴も1歳4ヶ月になり、今では私はお風呂に入れるだけになりました。

まだ「パジャマどこ~?」はありますが、大変助かっております。