のんびりにっき

家計と育児のメモ書きです。

1歳の積み木遊び!PLUS10(プラステン)で遊んだよ

こんにちは、わたせです。

児童館にある、棒にリングを通して重ねる玩具が息子は大好き。

児童館で遊ぶいっちゃん(Twitterへ飛びます)

でも棒に通すだけだから、今更買っても長くは遊べないだろうな(2歳の誕生日には飽きてそう…)と思い、購入は我慢していました。

そんなある日、夫が仕事でお世話になっている方から息子へのプレゼントが届きました。包を開けると…

f:id:pnnwatase:20180804161720j:plain

ドイツnic社のPLUS10!

まさに児童館で遊んでいるのはこれ~!!!夫が引くほど興奮してしまいました。息子も目がキラキラ!早速遊び倒しています。

 

遊び方は無限大!長く遊べる3つの付属品も

ピースは各色10個なので全部で50個!お片付け用のケースを用意するのがベストだと思いました。わが家では巾着袋に入れています。

息子が遊び終わると床中ピースだらけ…テレビ台やソファーの下に入り込んだりとお片付けが面倒なのがネックかな。就寝後に毎晩点呼を取っています。今の所行方不明者なしです。

遊びが広がる付属品が付いてくる

箱を開けると、ピースの他にも付属品が。長い紐とサイコロが2つはいっていました。

f:id:pnnwatase:20180804162443j:plain

サイコロは通常の1から6の数字が振ってある赤いものと、6色の丸が書いてあるものが各1つ。全部で3つの付属品…。どうやって使うかというと

紐通しあそび

定番の紐通し。こちらは3歳くらいからスムーズに出来るようになるそうです。1歳7ヶ月の息子にはちょっと難しそう。

紐通しはホールと紐先の距離感を測り、また両手で別の動きを要するため空間把握能力と手指の感覚を養うのにもってこいの遊びですよ~。

f:id:pnnwatase:20180804162630j:plain

遊んでみたら、紐の太さよりもホールがゆったりしているので通しやすかったです。ピースがカラフルなので、沢山通すと可愛い~。

汽車型の紐通しを持っているのですが、初めはシンプルなリングのほうがチェレンジしやすそうです。

時間を決めて何個通せるか競争するのも楽しそうですね。

ペグ刺しあそび

ペグ刺しとは、カラフルなペグ(棒)をホールに立てる遊び。模様を描いたり、抜いたり刺したり、ヨーロッパではメジャーな知育遊びなんだとか。

PLUS10はペグにピースを刺していくので、本来のペグ刺しとは違うのかな…?でも冊子にはペグ刺しできるよ!と書いてありました。

f:id:pnnwatase:20180804163056j:plain

PLUS10の遊び方冊子に書いてあった遊び方は、サイコロを振って出た色と数の分だけペグに刺していくという方法。写真は青の面数字の3が出たので青いピース3つ刺してみました。

数を競うのも楽しそう!逆に出た面だけペグからピースを取っていくのも良さそうですね。これだと幼稚園くらいまで一緒に遊べそうです。

他にもすごろく遊びも出来るみたい。もう少し息子が大きくなったら試してみたいと思います!

積み方も無限大!

棒に刺していくだけ~と思いきや、ピースが全て同じ形なのを活かしたこんな積み方が!

f:id:pnnwatase:20180804164111j:plain

大人でもハマってしまいます!

た~のし~!朝方こっそり積み上げて遊んでしまいました。

ピースの間に置く時にちょっとバランスが必要なのでドキドキ~。コインタワーのようにホールを生かして縦に重ねることも出来て、これは創造力が膨らむ。

木製なので滑りにくく、重みもあるので大人が集中してやると結構高く積み上がりましたよ。

まとめ

1~2歳児用かと思いきや、PLUS10は1歳半から6歳まで長く使える玩具だという事が分かりました。ドイツ製の木製玩具ということで、お値段がお高めなのですが6年使えると思えば良い買い物かもしれません。

優しい手触りの木製玩具なので、お誕生日やクリスマスのプレゼントにも喜ばれそう。

プラステン

新品価格
¥6,171から
(2018/8/4 16:04時点)

パズルとしてだけではなく、お料理遊びやおままごとの通貨として使ったりなど、お子さんによって使い方は無限大!

児童館などに置いてあったら、ぜひ遊んでみて下さい!